Grope in the source...
Androidのコード規約について考えてみた
Javaのメソッド名によく使われる単語・接頭辞
Android Studio で快適にコーディングしたい

CocoStudio/reader/LabelReader V2.2.5 compilation error for std::transform

Fixed when you
#include <algorithm>

NEXUS7がADBで認識しないぞーってときの覚書。byWindows

Android端末が認識しないときのドライバのありか
ダウンロード先
http://developer.android.com/sdk/win-usb.html

eclipse>Manager経由でダウンロードした場合は以下のパスに保存されている
<sdk>\extras\google\usb_driver\ directory.

あとは設定のセキュリティ項目で外部アプリのインストールを許可し、
開発者項目でusbデバッグにチェックが入っているかも一度確認。
(開発者項目は隠しになっている…ので端末情報のバージョン項目を
7回タップすると表示されるようになる)

ぼかしイメージ背景の利用


2013年の夏にリリースされたiOS 7のおかげで、デザインアイデア、インスピレーションとしてデザイナーに利用される用になっています。大きなデザイントレンドのひとつとして、ぼかし背景利用の増加が挙げられるでしょう。たとえば浴室の曇り止めガラスを連想するとよいかもしれません。

イメージ写真を背景に使い、ぼかすことで独自性の高い、美しいグラデーションデザインを再現することができます。

オブジェクトは値渡しになりません。オブジェクト参照が値渡しになるのです。
オブジェクトが値渡しされるなら、C/C++のようにオブジェクトの実体がコピーされるはずですが、そのようなことはおこりません。

Javaでは、オブジェクトはすべてHeapメモリにアロケートされ、C/C++とは異なり評価スタック上に作られることはありません。メソッド引数を渡すのにスタック上にオブジェクトの実体の代わりに、オブジェクトの参照が積まれます。C++の比喩で言えば、オブジェクト参照はすべてObject *objのようなポインタが値渡しで渡され、メソッド実行はobj->method()のように実行されます。ただ、Javaの表記上はobj.method()のように書くだけです。

[Java]

public class Btest{

public static void main(String[] args) {

MyBoolean mb = new MyBoolean();

setFalse(mb);

System.out.println(mb); // nullにはならない

}

static void setFalse(MyBoolean arg) {

arg= null;

}

}

[C++]

public class Btest{

public static void main(String[] args) {

MyBoolean_impl *mb = new MyBoolean_impl();

setFalse(mb);

printf(“%x”, mb); // NULLにはならない

}

static void setFalse(MyBoolean_impl *arg) {

arg = NULL;

}

}

Windows8 ストアアプリのデバッグあれこれ

マイクロソフト公式のアプリチェックツールがあります。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/hh694081.aspx


これがなにかというと、アプリをストアへ審査に出す前にストアアプリとしての基本的な
ガイドラインに沿った構築がなされているかをチェックできる自動ツールです。
事前に手元で確認をすることでストアの審査で無用に引っかかるミスを減らすことができます。
単純な要件で却下されるやりとりは面倒なので便利です。 

これを使っていてちょっとひっかかったのでメモ。 

このツールは

"Windows App Cert Kit"

でチャームより検索すればヒットするので起動しました。
 機能概要的には、開発機にインストールされているストアアプリを検索してリスト表示し
その中から自分がチェックしたいアプリを選択、実行する、という流れです。

ここで「不合格」とでてしまうとダメなので未然に修正する必要があるのですがその原因が
”visual studioからデバッグ用に直niインストールされたアプリであるため”
みたいな理由の項目でした。

これを回避するためにはどうするかというと
ひとつはリリースビルドをした後に “Windows App Cert Kit” でチェックするか?と聞かれるのでこれで再度対応することで回避できます。

が、レポートがこのやり方だと保存できません。
別に保存できなくても良いかもしれませんが、まぁ保存がしたかったのです。
そこで以下。

Windows App Cert Kitを直接起動してリスト項目からアプリのチェックをする場合、当然開発機に該当アプリがインストールされていなければいけませんが リリースビルドではストア申請用のビルドなので開発機材へのインストールができません。
レポートファイルを保存したいけれどもその場合どうしよう?
(ストアアプリは基本的に法人ライセンスを除いて”ストア”からのみインストール可能です)

結論としては
ストアアプリとしてビルドする際にデバッグ用として設定をした上でビルドをします。
なんかわかりにくい説明なので手順をば。

手順1:デバッグ用ビルド

  1. メニュー プロジェクト(P)
  2. ストア(S)
  3. アプリパッケージの作成(P)…
  4. ダイアログ内 パッケージの作成にて
    Windows ストアにアップロードするパッケージを作成しますか?
    に「いいえ」を選択
  5. ダイアログ(パッケージの選択と構成)内 
    ”作成するパッケージとソリューション構成マッピングを選択する(M)”
    のソリューション構成欄のドロップリストから
    「Debug(AnyCPU)」
    を選び作成! 


 手順2:ツールによるチェックを行うための”appx”実機インストール

  1. ビルドされたパッケージの保存先ディレクトリを開く
  2. ”[プロジェクト名]_AnyCPU_Debug_Test”
    フォルダがあるので開く
  3. ”Add-AppDevPackage.ps1” 
    ファイルを右クリックし 「Power Shell」で実行
  4. インストール完了のメッセージがでたら 
    "Windows App Cert Kit" 
    でチェック 
     
WinJS ListView 項目テンプレートへの対話要素の追加

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/hh465496.aspx

引用抜粋と要約を兼ねてまとめた備忘録です。

項目テンプレートには他のコントロールのほとんどを追加できますが、FlipView と他の ListView は追加することができません。

  • コントロールなどの対話要素の場合、入力を受け取るには、win-interactive クラスを対話要素またはその親要素の 1 つにアタッチする必要があります。

この要素とその子要素は対話入力を受け取り、ListView に対してイベントをトリガーしなくなります。

win-interactiveを項目テンプレート内の要素にアタッチする場合には、項目全体がその要素で満たさなれないようにしてください。項目全体が満たされた場合、ユーザーはその項目を選ぶことも呼び出すこともできなくなります。

項目テンプレートに対話要素を追加するには、WinJS.Binding.Template 
ではなく、テンプレート関数を使用する必要があります。
テンプレート関数について詳しくは、
テンプレート関数を作成する方法」をご覧ください。

Win8JS ListView リスト レイアウトとグリッド レイアウトの切り替え

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/hh465496.aspx

引用抜粋と要約を兼ねてまとめた備忘録です。

ListView 要素には、リストとグリッドの 2 種類のレイアウト モードがあります。

  • リスト レイアウトを使うには、次のように、layout プロパティを WinJS.UI.ListLayout に設定します。
   <div id="basicListView" 
        data-win-control="WinJS.UI.ListView"
        data-win-options="{ itemDataSource : DataExample.itemList.dataSource, 
            itemTemplate: select('#mediumListIconTextTemplate'), 
            layout: {type: WinJS.UI.ListLayout}}">
    </div>  
  • グリッド レイアウトを使うには、次のように、layout プロパティを WinJS.UI.GridLayout に設定します。
    <div id="basicListView" 
        data-win-control="WinJS.UI.ListView"
        data-win-options="{ itemDataSource : DataExample.itemList.dataSource, 
            itemTemplate: select('#mediumListIconTextTemplate'), 
            layout: {type: WinJS.UI.GridLayout}}">
    </div>  

istView のレイアウトはいつでも変更でき、作成後でも変更できます。